TATERUのIoTアパートに、5つのIoT機器を標準設備で販売開始!(スマートロック、セキュリティ、リモコン、ライト、セントラルコントロール)2018年12月末までに、10,000室導入予定!

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)は、子会社であるロボットホームが開発を行う「賃貸住宅キット」のOEM提供により販売を行なっているIoTの賃貸住宅を提供できる「TATERU kit」について、新たにスマートロックとスマートライトをアパートの標準設備とすることを決定いたしましたのでお知らせします。

◯ 「TATERU」のIoTアパート、スマートロックとスマートライトを標準設備に 当社は2017年5月29日付のプレスリリースにて、ロボットホームより「賃貸住宅キット」のOEM提供を受け、「TATERU kit」として「TATERU」での提供を行うことを発表いたしましたが、オプションとしていたスマートロックとスマートライトをアパートの標準設備といたします。 「TATERU kit」は、誰でも手軽にIoTの賃貸住宅を提供できるIoTサービスです。「TATERU kit」を活用することにより、入居者においては、生活の利便性と安全性を高めるとともに、室内のセントラルコントローラーを活用した多様なライフスタイルの実現ができます。また、賃貸経営を行うオーナーは、IoTを活用して「空室状況」、「内見状況」の把握、空室時の「セキュリティ対策」などが可能です。 当社では2017年6月1日の販売開始以来、現在600室の導入を受注済みであり、2018年12月までに、10,000室の導入を行う予定です。 当社グループでは、IoTの賃貸住宅の普及を推進するとともに、賃貸住宅の入居者、内見希望者などに関わるヒューマンデータや周辺家賃相場、土地推定データ、周辺の空室率などの不動産に関するデータだけではなく、IoTの賃貸住宅に搭載するエッジデバイスデータ等を統合的に集積し、これらのデータを活用できるデータエクスチェンジプラットフォームの構築を目指してまいります。 ◯ 標準設備の5つのIoT機器 「TATERU」のIoTアパートでは、様々な機能を搭載できるタブレット型ゲートウェイであるセントラルコントローラーを始め、窓の開閉・揺れを感知してスマートフォンに通知するウインドウセキュリティや、IR(赤外線通信)を活用したネイチャーセンサーリモートコントローラー、4つの方法で解錠できるスマートロック、遠隔操作でどこからでも電気の調光・調色ができるスマートライトの5つのIoT機器を標準設備といたします。

◯ 全ての賃貸住宅にコンシェルジュを 室内に設置されたセントラルコントローラーは、各種IoT機器の操作だけでなく、ロボットコンシェルジュによる、水漏れなどのトラブルや退居時の連絡など、入居者の毎日の生活をサポートいたします。今後、コンテンツの拡充を図り、業界の枠をこえライフスタイルのイノベーション基盤を構築します。

◯ ロボットホーム 概要 社名:株式会社Robot Home(旧社名:株式会社iApartment) 設立日:2016年4月1日 代表取締役:古木 大咲 所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-3-5-3F 事業内容 : 1.IoT機器の開発・製造・販売、並びに関連するシステムの構築および運用保守サービス業 2.インターネット、携帯情報端末機を活用した広告および通信販売業務 3.アプリケーションの開発並びに運用保守サービス 4.インターネットを利用した不動産情報の提供サービス ロボットホーム :https://www.robothome.co.jp/ ◯ 当社概要 社名:株式会社インベスターズクラウド 設立:2006年1月23日 資本金:6億192万円 代表取締役:古木 大咲 本社:〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25-7F 事業内容: アプリではじめるアパート経営「TATERU」の開発・運営 「TATERU」 https://www.tateru.co/ ネットで賢くリノベーション「スマリノ」の開発・運営 「スマリノ」https://www.sma-reno.jp/ 不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING」の企画・運営 「TATERU FUNDING」https://www.tateru-funding.jp (不動産特定共同事業許可番号 東京都知事第100号) 子会社: 株式会社Robot Home 株式会社iVacation

特集記事
最新記事