2018年8月1日(水)道頓堀大観覧車 『えびすタワー』に“空中浮遊体験”ができる360°VR動画を追加!


株式会社ドン・キホーテ(本社:東京都目黒区、 代表取締役社長:大原孝治)は、 「ドン・キホーテ道頓堀店(大阪府大阪市中央区)」に設置した大観覧車『えびすタワー』に、 新コンテンツ「360°VR(バーチャルリアリティ)動画」を2018年8月1日(水)より追加導入いたします。

 2005年にオープンした「ドン・キホーテ道頓堀店」のシンボルである道頓堀大観覧車、 通称『えびすタワー』は、 建物の形状に沿った長円形の空中遊覧設備で、 座席が水平回転する観覧車です。 本年1月に、 お客さまからのご要望を受け、 約9年ぶりに運転を復活させました。  このたび新コンテンツとして追加導入する「360°VR動画」は、 観覧車に乗っていながら、 まるでゴンドラの外で“空中浮遊”をしているかのような体験ができる、 お客さまに新たな驚きと感動を提供する新サービスです。 VRゴーグルを装着して搭乗していただくことにより、 時間を問わず、 晴れた日の日中と夜間の絶景をいつでもお楽しみいただけます。  また、 これまで『えびすタワー』から見えていた道頓堀の景色がさらに広く見渡せるようになり、 着座位置からでは見えづらかった「戎橋」などの名所もお楽しみいただけます。  『えびすタワー』に乗ったことがない方は、 VRゴーグルなしで道頓堀の景色をお楽しみいただき、 2度目のご搭乗の方は、 VRゴーグルを装着して、 道頓堀の大パノラマをご体験いただくなど、 さらに『えびすタワー』をお楽しみいただけるようになりました。  ドン・キホーテは、 これからもお客さまに『ワクワク・ドキドキ』のエンターテイメント空間の提供に努め、 地域の活性化に寄与してまいります。

【道頓堀観覧車 VRの特長】 1. ゴンドラの外で“空中浮遊”している疑似体験が味わえる 2. 時間を問わず、 晴れた日の観覧車から見える日中の景色と夜景をいつでも楽しめる 3. 着座位置からでは見えづらかった「戎橋」や名物看板がくっきり見え、 道頓堀の大パノラマが楽しめる

■施設概要 名称:道頓堀大観覧車『えびすタワー』 営業時間:午前11時~午後11時 営業日:年中無休(荒天時は休止) 所在地:大阪市中央区宗右衛門町7番13号 搭乗口:ドン・キホーテ道頓堀店3階    (ドン・キホーテ道頓堀店1階免税レジ横階段より3階までお上がりください。 ) 最高頂:77.4m ゴンドラ数:32基 VRゴーグル台数:64台(7歳以上対象)※1 所要時間:約15分 料金: 通常ゴンドラ600円    majicaるパス※2 1,000円(乗車券600円+優先搭乗券400円)    VRゴンドラ1,600円(乗車券600円+VRゴーグル1,000円)    majicaるパス+VR1,400円(majicaるパス1,000円+VRゴーグル400円)     majicaご提示特典 VRゴンドラ1,000円(乗車券600円+VRゴーグル400円) リニューアル日:2018年8月1日(水)午前11時 ※1 7歳以上13歳未満のお子さまのご利用は、 注意事項への保護者の方の同意が必要です。 搭乗条件は、 搭乗口にて案内板のご確認、 または係員までお問い合わせください。 VRゴンドラは、 1ゴンドラ(1グループ)ごとのご利用となります。 ※2ドン・キホーテオリジナル電子マネー「majica」会員向けの予約制搭乗パスポートです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square